Black Talon
最近は何メインでしょう?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊Gun誌 05/2005
またまた遅くなりましたが、月Gun5月号の感想。
こうやって書いておくと後でどの号に何が載ってたか判っていいね、自分用のメモ書きも兼ねてるという事で。

問題のDVD、これ凄いね、イイね、本体1000円なったけどこの内容なら納得だよね。
1回目の内容としてはベガスのガンショップ巡り(実射有り)とショットショーのダイジェスト、来月もDVD付くのね。

Sturm Ruger New Vaquero
カウボーイ・アクション・シューティング競技において、1873年当時のままのデザインのSAAが耐久性で問題ありという事でルガーがVaqueroを出していたがこの度、外観、大きさ等をSAAにより似せて、パッと見SAAと変わらなくした物と言う内容の記事。
ルガーの頑丈で安全なメカニズムにSAAの皮を被せた様な製品との事。
バッキャロはスペイン語でカウボーイの意味だって。

SHOT SHOW 2005
Shooting Hunting Outdoor Trade Show
付属DVDと連動している、ダイジェストは先月号で触れられているので、記事の中から興味を引いたものを記述したい。

Crimson Traceグロック用の新レーザーグリップ、従来はグロックがポリマーフレームでグリップパネルがないので、銃を送りつけて埋め込み加工をするという手法を採っていたが、新しいのはグリップ後部の機構を留めるピンを長い物にして、そのピンでグリップ後方に取り付けるというもの、グリップ後部が膨らむ上見た目が格好悪いね、握り具合も悪そうだが意外と悪くないのかも、握ってみないと判らないという事で。
このデザインならフルサイズもコンパクトも全部カバーできるが、、

H&KのUSPが載ってるので、ふとピカティニー・レール付きにしないのかと思ったが、よく考えたらP2000だっけ?でピカティニーとグリップ交換式で出してたね、でもP2000格好悪すぎ、USPでレールだけ変えてくれよ、その点SIGはそのままレールだけ付けてるね、まあSIG PROというシリーズがあったが、いまいちだったから従来のにレール彫ったんだろうね。
ちなみにグロック使い慣れると、SIGは使いにくい、逆もそうなんだろうけど、グロックのスライド・リリースの位置にSIGのデコッキング・レバーが有るから。

Ruger スーパー・レッド・ホーク アラスカン 2.5inch
.454カスールだけど、M500の様なマズル・ブレーキが付いていない、非常用なんだろうけど手首傷めそう、、

Taurus PT1911
ガバですが、トリガー・ガード妙に分厚いし、グリップの所で結構出っ張ってるんだが握りにくく無いのかな?
ポリマー・フレームの24/7は、格好悪いね、ルガーのオートにもなんとなくイメージが似ている、、、

CZ CZ75 SP-01
これイイね、欲しいね、好きでしょ?こういうの。
DVDにも収録されてるが、レール付きの現行CZ75に、これまたレール付きのマズル・ガード(CQB対応)装着、そこにワンタッチでナイフブレードが装着できる、マズル・ガードのアンダーレールにはもちろん、タクティカル・ライトも装着出来ると(笑)

S&WはM460XVR、史上最速のリボルバーだって、460S&W、45コルト、454カスールが撃てる、M500のXフレームを使用した派生的製品、後は945っぽいガバとか、色々。

Beretta PX4 Storm
今月はさらに詳細について書かれていて、これもジウジアローデザインとの事、そう云われればグリップフレーム周りが微妙にM9000っぽいね。
レバー類がサイズ別に3種変更可能、ワルサーP99の様にバックストラップも3種用意されている、アンダーレールはピカティニー
M8000系と違い、リコイル・スプリングとロッキングのアセンブリーが分解後スライドに保持されるように改良されているらしい、KSCのM8000を持っているが、分解した後保持されていない為に組み立てが面倒だった。

TangoDownのバイポッド格好悪いよTurkさん、、 
ハリスの方が格好良いけどなぁ

6.8mm Remington SPC
スペシャル・パーパス・カートリッジ
記事の内容によると、ベトナム戦争以来軍用ライフルは小口径高速弾が主流となって5.56mm NATOが本流になったのだが、最近ロングレンジでの威力不足で特殊部隊等がM14、ストーナ、アーマライト等の7.62mm NATO仕様の物を持ち込んで使用しているとの事、そこで現行のM16、M4をベースに使用できる威力のあるカートリッジとして開発されたのが6.8mm SPCとの事、この弾用のバレルとボルトが組み込まれたアッパーレシーバーをバレットが米軍に納入して一部で使用している、マガジンはM16の物がそのまま使用できる様だ。

KEL-TEC 5.56mm SU-16D PERSONAL SECURITY RIFLE
元グレンダルだっけ、アイデアは良いけど格好悪いね(笑)

Polymer-Cased Ammunition Spectrum 5.56mm Cartridge
NATECが開発している、プラスティック製カートリッジ、リム部あたりはブラスの様だ、なんか戦車砲弾みたいだな、コスト、重さ、熱伝導等で従来のブラス製カートリッジよりアドバンスがあるとか、後日Turkさんがテストするそうな。
そういえばH&K G11のケースレス弾はどうなったのだろうか(笑)、保存などが厄介で頓挫してお蔵入りだよね(笑)





後はToy-Gunになるけど、新製品は
マルイのSIG P226 RAIL、実物写真はショットショーにもあったけど、マルイらしく動作は良いんだろうな、中味はあくまで動作優先のデザイン、外装はおそらく塗装でしょう。

TANAKAのM500、黒いのが先に出てたけどシルバーのがリリースされるよう、今となっては短いのが欲しいね。

WA パラオードP14-45 リミテッド、レイル付のが欲しいね。
マガジン用のバルブが別売りになってるけど、初めから付けといて欲しいよ。

KSC EAGLE 5.5 Long Slide と SEA HAWK 4.3 、どっちも欲しい(笑)特に小さいほう、
フレームレールがアルミ製になったらしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。