Black Talon
最近は何メインでしょう?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LG-301 1911 Gvt/Commander Lasergrips
LG1レーザーグリップも所持するのは3個目、
お馴染みの紙の化粧箱。

出荷は7/11っぽいね、USPSのスタンプは7/14

LG2こんな風に布にくるまれて入ってます。
この布はなんだろう、ハンカチにでも使えというのか??@@

LG3裏側はこんな感じ。
一応防水だけど電池のところは水かぶるんだよね、Gun誌でタークさんも書いてたけど、ここの会社の言い分では水かぶってもokらしい。

電池は何処にでも売ってる一般的な2032が2個。

LG4表こんな感じ。

これ、バンダイのシステム・インジェクション(いろプラとか)と同じで2種類の樹脂を1つの型で成型していて、パネルの中ぐらいの分割線から前がラバーパーツとなっている。
たぶんプラのサイドパネルを成型した後にラバーを射出しているのだろう。

ラバー部の左右の丸い突起がプッシュスイッチになっている。

向かって左側、実際に銃の右パネルになる所の上部にレーザーユニットがある。
逆サイドの四角い突起はマスタースイッチ。
レーザー光のウインテージ&エレベーションの調整はレーザーユニットの上と横のイモネジで行う。

LG5ちょっと安っぽい。

写真は光量不足でノイズがあるしちょっとピンボケ。

ちなみに、WAのフレームのグリップの下側のネジの突起は細いので同軸ケーブルの被服をかましてやるといい感じ。

LG6右側のサムセフティがちょっと干渉している、微妙に下がりきらない。
このままでも撃てるが角かレーザーユニット側を削った方が良い。

セフティ・オンにした時に抜け落ちが心配だったが、多分大丈夫。
遊びが出てくるとわからないが、、、

LG7点灯したらこんな感じ。

LG8結構明るい、これじゃ分らないだろうけど、、、

ちなみに、これは国内で販売出来ない、パワーがありすぎるので。
以前は普通に軍事用のも輸入されていたが、安い玩具のレーザーポインターで野球の妨害やら色々あったし危険という事で規制がかかった。
現在国内で流通しているものは消費生活用製品安全法で適合した出力の低い物のみ。
実銃用のとか欲しい人は自分で直接購入するしかない。

消費生活用製品安全法におけるレーザーポインター等の規制について
経済産業省のほうはPDFだったのでリンクは経済産業省北海道経済産業局で。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。