Black Talon
最近は何メインでしょう?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
57
マルイからFNファイブセブンが出る(出てる?)らしいけど金がなくて買えない、もちろんWAのM4も欲しいのだが、、、
マーシャルのアンプも欲しいなぁ、、、
スポンサーサイト
WA SFA V10 ULTRA COMPACT 07
WA V10 07 01V10 2007 バージョンが来ました

今度はJ-Armoryから出る物と思っていたので意表をつかれました、SFA物は今後WAが出してJ-Armoryはもう出さないのかな?

前回と違い刻印フル再現だそうです。

WA V10 07 02スライドは基本的にWAのTSGCの物を切っている様でスライドエンドにチェッカリングが入っています、シルバー塗装だとエキストラクターが更に別パーツっぽく見えて良い感じですね。
それとファイヤリングピンがシルバー仕様です、ウォリアーもこうしておいて欲しかった。
ハンマーはデルタ形状、リアサイトはノバックタイプ。

WA V10 07 03スライドストップノッチ欠け防止対応の様子、丸いピンの前に金属のプレートがインサートされてます、プラ面より若干出っ張っていてそこでスライドストップを受けるようになっています、無いよりはましかって感じです、どの道塗装仕上げだから使うと全体がはげはげになるのは目に見えてるからそっちも何とかして欲しい、この値段だし、、

WA V10 07 04全体にフル刻印です、チャンバーカバーの4行刻印ももちろん。

WA V10 07 05マガジンはシルバー
前作のはずかしい穴は有りません(笑)
フレームはJAのSFAフレームを切ってるんでしょうか?

WA V10 07 06チャンバーと一体のアウターバレル、材質はジンクキャストのようです。

WA V10 07 07リコイルガイドとバレル
アウターバレルは黒染め?した後チャンバー部分をポリッシュの様です、改造防止の穴は下に開けています。

WA V10 07 08フロントサイトはイモネジで留めてるっぽいです。

WA V10 07 09かわいいの3挺
WA TSGC、WA V10、KSC 945CJ

早速レーザーグリップ付けてますが(笑)
マガジンはウィルソンのですが下が三角のやつのほうが格好良いかも、マグウェルが欲しいです。
グリップスクリューはバックアップのものだと思うたぶん、、、

WA V10 07 10フルサイズのウォリアーと。

WA V10 07 11TSGCと、TSGCは若干長めなのでこれくらい差が有ります、SFAではこの下にマイクロコンパクトってのがあったかな?

WA V10 07 12最後に
なんだよこのがたがたなグリップセフティは、、
どうせ殺すので問題ないのですが、他にもトリガー上面下面にバリがかなり残ってたり、あちこちに当てたあと有るし、値段が高いから文句も出ますわ(笑)
10ヤード室内撃ちではプレートには当たりますね、フルサイズに比べると散るようです、腕の問題か?(笑)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

サプレッサー
MP7A1WS01Comp M2もどきを装着したらサウンドサプレッサーを付けたくなったので買ってきました。

ねじ込み式なのですぐにフラッシュハイダーに戻せます。
他の電動Gunにも使えるので1本持っているといいですね(笑)

MP7A1WS02

CompM2もどき
CM2MP7用にダットサイトが欲しいと思いM2のパチ物を購入しました。

赤と緑のドットが使え各々3段階切り替えという事だったのですが2段階しか切り替わりません、あとスイッチが固くて使いづらいです。
レンズキャップはすぐ壊れそうな感じ、ですがドットサイトとしては多分十分使えると思います、デイライトの下でのぞいていないのでなんとも言えませんが。

CM2wMP7MP7にのっけるとこんな感じ、銃に対してやや大きいですね、紐は大分前にパラコードで3点スリングの様な物を作ってみました、かなり適当ですね(笑)

Galco SOB244
SOB for 5906ガルコのSOBが来ました。

お気に入りの銃になるとホルスターつけてやりたくなります。
945はガバの構成部品を使用しているとはいえ外装に関してどちらかと言えばSWのDAオートに近いのでガバ用のホルスターにはFitしません。
KSCのモデルはトリガーガードが長いタイプなのでガバ用には入りきらないのです。(実銃にはガバと同じ長さの物も存在するようですが)

という事で5906用のを注文してました。
収納状態はこんな感じです。

SOB for 5906裏側~♪

エイカーのアウトバックではホルスター内側のスライドトップの押さえはナイロンっぽいプラ(カイデックス?)でしたがSOBは革ですね、こちらの方が傷が付きにくいと思います。

M945C & Bureau (その2)
M945Cあんびに1というかM945Cその3って感じですかね。

やっぱアンビでしょうって事でフルサイズ用のアンビセフティつけました。
それとハンマー、シアー、ハウジングピンをステンレスに換えてます。
写真ではマガジンはフルサイズが刺さってますね。
これで横のビューロとほぼおそろいの仕様になりました。

M945Cあんびに2フルサイズフレームと微妙にサイズが違うのかロックした時にスライドとの間に妙な隙間が出来てしまいます、この写真では上方より撮っているので解りにくいですが、、
あとコンシールドタイプじゃないので横にやや幅広に。
WA系のセフティは軸が合いませんし突起も微妙に違うようです。
取り付けにあたってはデクストラ(でいいのかな)側のグリップはもちろん加工しました、ココボロは削ると細かい赤い粉になりますね、、

M945Cあんびに3ステンレスピンは具体的に忍者のWAガバ用なんですが、ハウジングピンは無加工で。
ハンマー、シアーピンはWAはピンヘッドが段付き、KSCでは皿状なのです、なのでまずフレーム外装をハンマー、シアーピンが入るように少し削ってやる必要があります。
それからハンマーピンはそのまま付くのですが、シアーピンはスリーブに入らないのでスリーブ内を削ってピンが入るように広げる必要がありました。
そこまでして組んだのですがガバの様には目立たずほんとチラッとしか見えません(笑)
グリップセフティはキャンセル加工してあります、メインスプリングハウジングがプラなので加工は楽ですね。

M945C & Bureau
M945C & Bureau945にキャロムのココボログリップ付けました。

このグリップ、彫りもきっちりしていて良いのですが難点が、元のより1.5mm程度厚みがあるのでぼてっとした印象が、ベルトサンダーなんかで裏側から削れば良いのでしょうが無いし面倒なのでそのまま使います(笑)
ちなみに値段はキムアーレンズのビューローグリップの約半額(笑)

グリップスクリューもシルバーのに換えたので横に写ってるビューローと姉妹の様な仕様になってきましたね。
インナーバレルはKMのに交換しました。

ちなみにビューローの現時点での仕様変更点は
WAのロングリコイルガイドセット、SV用コーンバレル、ステンレスヘキサグリップスクリュー。
インナーバレル、リコイルスプリングはバックアップ製に変更。
グリップはキムアーレンズ。
チャンバーはSD製でなぜか4行刻印(笑)
忍者アンビ用ステンレスピンセットへ変更、SPハウジングピンのみバックアップ製。
マガジンキャッチロックはウォリアーのキンバータイプに変更。
こんな感じです。
グリップセフティを仮留めするのにマスキングテープ貼ったらフレームの塗装がはげてしまいました、なんて弱い塗膜なんだよ、、(泣)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。